読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人づきあいが苦手な人の人との接し方

生きていく上では人との接触は避けられない。ならば人づきあいが苦手な私たちはどのように生きればいいのか

雑談ってなんの意味があるんだろう

ども。りとるです。

 

私自身人見知りで

人と話すのが得意ではありません。

というか、自分から話しかけることがほぼない。

何か用事がある時や、必要に迫られたときは話しかけます。

ある程度仲良くなったら普通に話せるんですが

それまでがすごく大変です。

 

雑談

 

人と付き合っていくうえでしなければならない時が来ます。

私は雑談が嫌いでした。

意味の無い話をなぜするのか。

そう思ってました。

基本的に無口なので、意味ないなら黙っていよう。

って言う考えです。

あと、雑談の中に人の悪口を言うひと。

これも気分がいいものではありませんよね。

心理学で好きなものが一緒よりも嫌いなものが一緒だったときのほうが

信頼関係が深まるというものがあります

「あの人が嫌い」「わたしも!」

みたいな感じです。

悪口パーティー開始の合図です。

 

もし本人の耳に入ったら

嫌な思いする。って考えないんですかね。

自分がされて嫌なことを平気で人にしてしまうって

どうなんですかね。

相手を思いやる気持ち。

想像力が欠如しているんですよね。

 

そう言う会話が嫌で。人と話をするのがさらに嫌になる

悪循環に陥ります。

 

じゃあ、そもそも

なぜ雑談をするのか、と問われると

やっぱり人間関係を形成するためなんですね。

話すことで、相手の考えや今まで経験してきたことがわかる

その人を知るための会話が雑談なのだと思います。

話の内容には、意味がないことに意味があるんです。

人とのお付き合いって感じですね。

 

でも雑談っていったって、何を話せば…

 

そんなに、肩ひじ張らなくても大丈夫です。

まずは挨拶。

「おはようございます」

 

そのあとにとっかかりをつけます

いい天気ですね、とか、なんやかんや

私の場合少し親しくなって来たら相手の持ち物をほめたりします。

「その靴かわいいですね(かっこいい)」

ほめられて嫌な気持ちになる人は少ないんじゃないかと。

気分がよくなった相手は自ら話し始めたりするわけです。

そうなったら聞き役に回ってベストなタイミングで

相槌をうっていたら、たいがいうまくいったりします。

 

話のネタに困ったときは

身に着けているもの、目から入る情報を手掛かりにして

そこにツッコミを入れる形で会話を展開していくのが

私流のやり方です。