読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人づきあいが苦手な人の人との接し方

生きていく上では人との接触は避けられない。ならば人づきあいが苦手な私たちはどのように生きればいいのか

なぜ本を読むのか

ども。りとるです。

 

小さいときによく母に言われてました

「あんた、ちょっとは本読みや!」

って。本?

私が読んでた本といえばコロコロコミックでしたね。

本じゃなくて漫画か(笑)

小学校の図書室で

ブラックジャックもよく読んでたなー

また漫画ですね。

 

本を読むようになったのはつい最近のことです。

イタリアンの仕事を辞めてからだから2年前くらいからですかね

仕事が週6から週4になったので

時間ができたんです。このまま

ずっと派遣社員ってのもなーって思ったので

どーすっかなーと思って、あ、本とか

読んでみたらいいんじゃね?

と思ったのがきっかけです。

 

本屋に行ってもレシピ本とファッション誌ゾーンにしか

いかない私でしたが。

経済、ビジネス、自己啓発系の本を読みだしました。

まんまとはまりましたね。

いろいろよんだ中でもいい本がちらほらありました。

また、機会があれば紹介しますね。

 

本の何がすごいかって。

本って知識の塊みたいなものなんです。

著者の経験したことがぎゅっと詰まってます。

 

 

自分が経験したことのないことを知れるってスゲーなって

思いました。

時代を超えることもできます。聖書とかもそうですよね

何百年も前の文献を今になっても読むことができます。

(私は聖書よみませんが)

ずーっと昔に書かれていても、

著者が亡くなっていても、言葉は残り続けて

人の心に生き続けます。

普通に生きているだけでは

知ることのなかった知識も得ることができます。

本を読むことって、知識を得るだけではなくて

視野を広げることにもつながるんだなぁ、

と思いました。

 

人生に躓いてどうしようもなくなった時

本に助けをもとめてみるのもいいかもしれません。